主な機能

電話番号について

代表電話番号や追加電話番号は、次の中からご選択を頂けます。複数個を組み合わせてご利用頂くことも可能です。
ユーザー様側に必要となる機器は、電話機となる内線端末のみです(「既存固定電話番号」の場合を除く)。
ご利用の場所を問わず、同じ電話番号の利用が可能となります。

新規050番号

050-XXXX-XXXXの形式の新規の電話番号を発行させて頂きます。

新規03番号/新規06番号

03-XXXX-XXXXまたは06-XXXX-XXXXの形式の新規の電話番号を発行させて頂きます。

新規0120番号/新規0800番号(着信課金)

新規のフリーダイヤル番号を発行させて頂きます。
※0800は、0120に次ぐ、新しいフリーダイヤル用の番号です。

既存0120番号/既存0800番号(着信課金)

既存のフリーダイヤル番号を、番号ポータビリティにより当サービスに移管・運用することができます。

内線端末について

選べる内線端末

内線端末はSIP電話機/スマートフォン/ソフトフォンから選択・組み合わせを行うことができ、インターネットへブロードバンド接続がされていればOKですので、自由度が高い運用が可能です。
いずれの場合も、端末機器の設定手順を公開しておりますので、端末の増設等も、ユーザー様側でご自由に行って頂けます。

SIP電話機

SIP電話機は、従来からある電話機と同じスタイルで親しみやすく、音質面でも優れています。
以下は当サービスの推奨機種で、弊社からも販売しておりますが、ユーザー様側で直接、ご調達をされても構いません。
いずれも、PoE環境で使用する場合はACアダプタは不要で、LAN接続のみでOKです。
[価格はすべて税別表記です]

■Grandstream社製 GXP1625 (PoE対応)
弊社販売価格:10,000円


■Grandstream社製 GXP1628 (PoE対応)
弊社販売価格:14,000円


■Grandstream社製 GXP2130 (PoE対応)
弊社販売価格:18,000円


スマートフォン

スマートフォンに対応アプリをインストールすると、内線端末としてご利用頂けます。
WiFi接続または3G/LTE接続によるデータ通信上での音声通話となります。
※音声品質は通信速度や電波状況・ネットワークの状態などに左右されます。

ソフトフォン

PCにソフトフォンをインストールし、ヘッドセットを接続すると、内線端末としてご利用頂けます。

無料内線通話

イメージ:>無料内線通話

内線端末のグループ化

内線端末のグループ化による一斉呼び出しや、仮想的な別番の割り当てを行うこともできます。

外線着信時の一斉呼び出し・特定呼び出し

外部から電話がかかってきた場合、複数の内線端末を一斉に呼び出すことができます(呼び出し対象を限定することもできます)。
いずれかの内線端末で電話に出ると(SIP電話機であれば受話器をとる、アプリであれば応答ボタンを押す)、通話が始まり、他の端末は鳴りやみます。
イメージ:外線着信時の一斉呼び出し

追加電話番号

追加した電話番号ごとに、着信時に呼び出す内線端末を設定することができます(複数指定可)。
案件毎や担当者毎に専用電話番号を割り当てるという形の運用も簡単です。

他の内線端末への取り次ぎ

ある内線端末で受けた電話を、別の内線端末に取り次ぐことができます。
以下は、外部のお客様から電話があり、最初に社員Aが応対し、次に社員Bに取り次ぐ場合の流れです。
社員Aと社員Bは、まったく別の場所でもOKなのがポイントです。

イメージ:他の内線端末への取り次ぎ

 

※BeePoと関係がない一般の携帯電話や固定電話を取り次ぎ先にすることもできます。

相手の電話番号の通知

外線着信時には、もちろん相手の電話番号が内線端末に表示されます(非通知設定などの場合を除く)。

着信先電話番号の表示

外線着信時に、「どの電話番号宛てにかかってきたのか」を、内線端末に表示させることができます。
これにより、複数の電話番号の着信を同じ内線端末で受けている場合などに、「複数持っている電話番号のうち、どこ宛てにかかってきているのか」がその場でわかりますので、これによって電話応対の方法を変えるなど、多彩な運用が可能となります。

着信時の詳細動作の設定

着信時に(追加電話番号がある場合は番号ごとに)、曜日や時間帯などによる条件ごとに、2段階にわたる呼び出し先や最終的な対応などを設定することができます。

■設定例
[営業時間内の場合]
最初に受付担当者の端末を呼び出す→一定時間無応答であればグループ全員の端末を呼び出す→それでも無応答であれば「ただいま混みあっています」旨のアナウンスを流す
[営業時間外の場合]
営業時間を伝えるアナウンスを流す

外線発信

内線端末から外部に対して発信をすることができます。
この際に相手に通知される電話番号は、代表番号になりますので、自宅等からの発信でも安心ですし、電話料金についても一括管理することができます。
追加電話番号がある場合には、内線端末ごとに発信元となる電話番号を選択できます(発信時に一時的に変更することもできます)。

発着信履歴

WEB管理画面から発着信履歴を参照することができ、CSVダウンロードも可能です。
外線着信時に、誰も応答しなかったような場合も、取得できた情報(着信時刻・相手の電話番号等)は履歴に残ります。
発着信履歴の保存期間は、最新3ヶ月間及び合計で3万件までとなっております(超過分については、古いものから順に消去されていきます)。

設定変更は簡単かつ即反映

各種の設定は、WEB管理画面からいつでもどこでも、簡単に行うことができます。
設定変更は即座に反映されますので、スピードが求められる現代にぴったりのシステムです。
※電話番号の追加は、書類手続き等のために少々お時間を頂くことになります